クロロプレンゴム Chloroprene Rubber (CR)
クロロプレンゴムは、デュポン社が1931年はじめて成功に創った合成弾性体です。クロロプレンもしくは2-クロロブタジエンで乳化重合作用により生産されたものです。クロロプレンゴムは多機能の弾性体で、いろんな特性の重合でバランスに達することができます。CRは太陽、オゾン、そして気候に絶好の抵抗性があり、油と化学物質と接触するときにも優れた表現が見せた。同時に絶好な物理性粘りと抗燃焼性を持っています。 


使用温度範囲
-40℃~100℃で、最高125℃に達することができます。使用温度範囲がグレードにより決まります。100℃を超える温度において使用する場合、使用寿命が縮減される恐れがあります。


硬度
硬度Aの30~90


カラー
黒、白、さび色、黄色と青、もしくはカスタマイズカラー


応用分野
CRはすでに自動車、ワイヤとケーブル産業など、各種の環境に応用されています。


スタンダード製品リスト

Durometer硬度A カラー ポリマー
30 CR 標準化合物 M2BC307
40 CR 標準化合物M2BC408
50 CR 標準化合物M2BC509
50 CR 高強度 M2BC514
57 CR 絶縁性500V,100 MΩ
60 CR 標準化合物M2BC610
60 CR 高強度M2BC614, 抗オゾン性良好
60 CR UL 94-V1 UL94-V1に合致
70 CR 標準化合物M2BC710
70 CR 耐低温性を改良(WRT gum)
80 CR 標準化合物M2BC810
90 CR 標準化合物M2BC907